< もどる

12月21日 次の勝利へ総決起

2012

公明党東京都本部は21日(水)、公明会館で議員総会を開き、衆議院選挙の大勝利の結果を踏まえ、“次の勝利”をめざし総決起しました。席上、山口代表は結党50周年をめざし「来年の東京都議選と参院選に勝利しようと」と訴えました。また、来年の都議選に挑む23人の予定候補が紹介され、全員で必勝の勝どきをあげました。

11月29日 杉本とよひろ議員が一般質問

2012

平成24年第4回港区議会定例会において、杉本とよひろ議員が一般質問を行いました。杉本議員は、公明党議員団の一員として武井雅昭港区長に対して、職員の意識改革、震災対策、高齢者・介護施策など、区民が直面する課題について、積極的な政策提言を行いました。なお、今定例会は12月5日まで開催されます。

11月28日 平成24年第4回港区議会定例会が開会

2012

平成24年第4回港区議会定例会が11月28日に開会いたしました。
開会初日の11月28日には、公明党港区議員団を代表して達下まさ子議員が質問に立ち、平成25年度予算編成に臨む姿勢、生活保護受給者の自立支援、介護予防対策、子育て支援など、喫緊の課題について区の取り組みをもとめました。

11月25日 港区立港南子ども中高生プラザの開所式

2012

港区港南四丁目に、このたび完成した「港区立たかはま保育園・港南子ども中高生プラザ・港南区民協働スペース」が、来たる12月1日の開設に先駆けて、本日、午前10時から開所式が執り行われました。
この施設は、港南小学校跡地を活用して、3つの機能を備えた複合施設が開設。
「たかはま保育園」は、待機児童解消に大きく寄与します。
また、「子ども中高生プラザ」は、子どもの居場所づくりとして整備。
さらに、「協働スペース」は地域コミュニティの場として、様々な活動に使用できます。
港南地域に求められていた子育てや地域活動の拠点として、今後、多くの方の活用が期待されます。

11月23日 公明党高木美智代・竹谷とし子街頭演説会

2012

11月23日(金)、午後1時30分より、田町駅西口で高木美智代衆議院議員、竹谷とし子参議院議員による公明党街頭演説会が行われました。
街頭演説では、公明党がこれまで果たしてきた実績と、今、政治に求められている課題に対して、公明党の重点政策を力強く訴えました。さらに、これからの政党を選ぶ3つの基準について訴えました。
その一つは、「政権担当能力があるか」、二つは、「日本再建を果たすための具体的な景気・経済対策があるか」そして三つに「地域に根差し国民の声を国政につなげていく力があるか」。
今こそ、現場第一主義に立って、生活者の声に耳を傾け、国民の命と生活を守る本当の政治を取りもどすことが何よりも重要です。

11月9日 港区議会臨時議会

2012

石原慎太郎東京都知事の辞職に伴い、急きょ12月6日に東京都知事選挙の投開票が行われることになり、都知事選挙に係る補正予算を計上するため臨時議会が11月9日開催されました。
補正予算の内容や、物品の発注、人員の確保等について付託先の総務常任委員会で審議され、採択。その後、本会議場で満場一致で補正予算が可決成立しました。

10月18日 平成25年度予算要望書を武井港区長に提出

2012
2012

港区公明党議員団は10月18日、武井雅昭・港区長に対して「平成25年度予算要望書」を提出しました。要望書は、生活者の視点に目を向け、区民の生命と財産を守るため、安全・安心の確保を最優先課題として取りまとめました。子育て環境の整備、高齢者・障がい者福祉の充実、雇用対策、中小企業・商店街の活性化、教育施策の充実など区民生活に直結した課題・101項目について、来年度予算に反映していくよう要望しています。
要望書全文はこちら→

9月14日 ちほぎみき子議員が一般質問

2012

平成24年9月定例会において、杉本とよひろ議員に続いて、ちほぎみき子議員が一般質問を行いました。消費税増税に伴う区財政への影響や、認知症対策、図書館機能の充実、国際化に対応した教育の在り方など、区民生活に関わる諸課題について、区の取り組みを質しました。

9月13日 平成24年第3回「港区議会定例会」が開会

2012

平成24年第3回「港区議会定例会」が開会いたしました。開会初日の13日、本会議場において、公明党議員団を代表して杉本とよひろ議員が質問に立ちました。効率的な財政運営や、区民の利便性の向上、災害発生時の区民の安全を確保するための諸施策、道路、橋、歩道などの点検・整備など、港区が直面する喫緊の課題について、区長ならびに担当部署に対して問いただしました。

9月12日 「道路面下の空洞探査調査を求める要望書」を提出

2012

港区議会公明党は、武井雅昭・港区長に対して「道路面下の空洞探査調査を求める要望書」を提出いたしました。表面的には被害が見えない公共施設の中で、災害時の緊急輸送道路や古い埋設物が多い道路は地震の影響を受け、地中が空洞化、陥没する危険が高まっているとの指摘があります。公明党区議団は、先日行った「道路の空洞化調査」を専門的に行う企業の視察を通して、「命を守る道路」管理のあり方や、「維持管理」から「危機管理」、「使う側目線・住民の安全・安心」を最優先して取り組むことが、何よりも重要あることを学びました。そこで、港区内全域にわたり道路について早急に空洞探査調査を行うよう求めました。

9月5日 道路の空洞化調査会社「ジオ・サーチ(株)」を視察

2012
2012

2012公明党議員団は9月5日、「道路の空洞化調査」に取り組んでいる大田区のジオ・サーチ(株)を訪問し、同社が専門とする道路の空洞化などの調査について視察してまいりました。
3・11大震災の教訓から事前防災・減災に向けた取り組みは、喫緊の課題です。特に近年、大震災やゲリラ豪雨による道路の陥没は、交通やインフラを阻害し、また、目に見えない多くの危険が潜んでいます。ジオ・サーチ社は、これまで、カンボジアでの地雷除去をはじめ道路の空洞化など地中の見えない危険箇所を調査し、震災被災地の復旧・復興にも尽力しています。
今回の視察を通して、「命を守る道路」管理のあり方や、「維持管理」から「危機管理」、「使う側目線・住民の安全・安心」を最優先して取り組むことが、何よりも重要あると感じました。道路インフラの「予防保全・予防管理」について、今後、議会で提案してまいります。

9月4日 第47回港区「長寿を祝う集い」

2012
2012

9月4日(火)、敬老の日にちなみ、第47回「長寿を祝う集い」が東京メルパルクホールで開催されました。港区では、高齢者の方々の長寿と健康を祝し、毎年、この集いを開催しています。公明党議員団は、全員で参加させていただき、元気よく集ってこられる皆様をお出迎えさせていただきました。
式典では、参加者が多く集うため午前・午後と2回に分けて行われました。
午前の部は、「麻布・赤坂・芝浦港南」地区、午後の部は「芝・高輪」地区に在住の75歳以上の方が参加されました。
第1部では式典、第2部では演芸大会として、防災についての講談や歌謡ショー、また、港区老人クラブによる銭太鼓、踊り、フラダンスが披露されました。
「長寿を祝う集い」に参加された方々、また、都合により参加できなかった皆様、いつまでも健やかに、はつらつとご活躍されますよう心からお祈り申し上げます。

8月28日 プラザ神明開所式

2012
2012

2012公明党議員団は、これまで保育サービスの充実をはじめ、高齢者がいきいきと活用できる施設、さらに子どもたちの居場所づくりの拡充を推進してまいりました。
平成24年9月1日、浜松町1丁目に、乳幼児から高齢者まで多世代が利用できる大型保健福祉施設「プラザ神明」が開設されることになりました。この日は、オープンに先駆けて開所式、そして施設の内覧会が行われ、議員団全員参加させていただきました。
この「プラザ神明」は8階建てで、1階から3階までに保育園、4階にいきいきプラザ、5階から6階にかけて子ども中高生プラザと体育館、8階がトレーニングスペースとなっています。今後、多くの区民の皆様に活用されることを望みます。

8月21日 党東京都本部の議員総会が開催

2012
2012

8月21日(火)午後1時30分から「9・13立党精神宣言50周年記念東京都本部議員総会」が都内のホテルで開催されました。
1962年9月13日、公明党の前身である公明政治連盟第1回全国大会で、立党精神「大衆とともに・・・」が発表されてから50周年の佳節を迎えての記念総会となりました。東京都本部所属の国会・都議会・区議会の363名の議員が出席いたしました。
総会のなかで公明党の山口那津男代表から「団結第一」、「大衆直結」、「たゆまざる自己研さん」の3指針を確認し合い、これからの闘いに勝利していこうと呼び掛けがありました。
私たち公明党総支部6名の区議会議員も全員出席し、立党精神を胸に後半戦に向け勝利を誓いあいました。

7月4日 省エネ対策についてヒアリング

2012

港区が先進的に取り組んでいる「テナント電力使用状況の見える化」や家庭用蓄電池システムの助成制度について、区議団として、区の担当者からそれぞれ進捗状況についてヒアリングいたしました。港区では平成24年度からテナントの電力使用状況を「見える化」して省エネの取り組みを促す、全国初のモデル事業をスタートいたしました。参加する区内ビルオーナーを7月2日から募集しています。また、6月1日からは、東京23区初となる区独自の家庭用蓄電池システムの導入への助成制度が始まっています。いずれも港区議会公明党が取り組んできた成果です。

6月29日 近藤まさ子議員が一般質問

2012

6月定例会にて、近藤まさ子議員が一般質問に立ち、男女平等参画を踏まえた港区の取り組み、エコチャレンジ事業の推進、障がい者の自立支援、教育の国際化など港区が抱える諸課題について区長ならびに担当幹部に質問いたしました。

6月28日 ちほぎみき子議員が代表質問

2012

平成24年6月定例会において、ちほぎみき子議員が公明党を代表して一般質問を行いました。区民の生命と生活を守る視点から、防災を中心に「災害に強いインフラ整備」など、喫緊に取り組むべき課題について区の対応を質しました。

5月16日 防災介助士の勉強会

2012

公明党港区議団として、災害時に高齢者や障害のある人などの「要援護者」を助ける「防災介助士」の資格及び危機管理マネジメントについて専門家のレクチャーを受けました。「防災介助士」とは、災害時に必要な知識・技術を学び、普段から高齢者や障害のある人、要援護者をいかに助けだせるか、その鍵を握る重要な資格です。学校、地域、企業などそれぞれの場における訓練の充実など課題は多いですが、港区においても予算化を含め、「防災介助士」養成を促進することが重要だと痛感いたしました。